AGA治療と育毛剤のどっちにしようか迷ってる方へ

 

薄毛で悩んでいる人の選択肢としては、育毛剤の使用を考えている人も多いと思いますが、ひと口に薄毛と言っても様々な原因によって引き起こされるものとなります。薄毛の原因が血行不良であったり、頭皮環境が悪いことであるときには、育毛剤の使用が有効な対策となることも考えられますが、現在の日本においてはAGAによって引き起こされる薄毛が多いと言われています。

 

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンによって発症する薄毛で、この場合には育毛剤による治療は難しいと考えられます。AGAは男性ホルモンの一種が還元酵素である5αリダクターゼと結合することで、薄毛が進行していく症状となりますので、専門的なクリニックで治療薬を処方してもらうことが、有効な対策法となります。薄毛の原因がAGAであるときには、育毛剤の使用よりもAGA治療薬が有効性が高いと考えられますので、クリニックを受診することで、プロペシアなどの治療薬を処方してもらうことがおすすめです。クリニックによっては専門的な検査を行っているところもあり、薄毛の原因を調べてもらうことでAGAによる症状なのかどうかを判別できます。

 

AGA治療薬であるプロペシアには、フィナステリドという成分が含まれていて、薄毛を引き起こすDHTが生成しないように、5αリダクターゼの働きを阻害させる作用があります。プロペシアの服用を半年程度の期間にわたって継続することで、DHTの作用によって短くなっていたヘアサイクルを通常のものに戻すことが可能となり、その効果によって髪の毛を長く太くすることができると考えられています。

 

AGA治療を行っているクリニックでは、血管を拡張させる作用のあるミノキシジルについても処方をしているところがあり、プロペシアと併用させることで、薄毛を改善させる効果を高めることができます。プロペシアやミノキシジルの処方には、健康保険が適用されませんので、自由診療となり全額自己負担による治療となることから、継続的に治療を受けるためには経済的な面において計画を立てておくことが大切になります。