プロペシアは、1日1回服用するAGA治療薬です。

 

フィナステリド配合のAGA治療薬プロペシアの効果とは?

 

もともとは前立腺肥大のための治療薬でしたが、服用した人に発毛効果が見られたため、新たにAGA治療薬として販売され始めたという経緯があります。

 

AGAの原因は、男性ホルモンのテストテロンが多量に分泌され、5α‐還元酵素の働きによってジヒドロテストテロンになってしまうと毛乳頭細胞が細胞分裂を阻害してしまうことにあります。本来ならまだ成長期にあり、伸びるはずの髪に「もう抜けて、次に新しい髪の毛が生えるまで休憩の時期に入りました」という信号を出してしまうため、まだ短い髪の毛が抜けて行ってしまうのです。プロペシアは有効成分のフィナステリドが5α‐還元酵素の働きを阻害し、テストテロンがジヒドロテストテロンになってしまうのを防ぐことにより髪の毛が抜けてしまったり、休止期間が長くなって髪が生えにくくなるのを改善する効果があります。継続して服用することで効果が現れると言われています。

 

しかしどんな薬でも副作用があるように、プロペシアにも副作用があります。もともとが前立腺肥大の治療薬だったため前立腺に作用し、性欲減退、精液の質が低下して精子の運動能力が低下したり無精子症といった性機能への副作用が見られます。これらの症状はプロペシアを服用した人の約5%に見られると言われています。

 

他にもじんましんや発疹、血管浮腫、めまい、肝機能障害が起こったという報告もあります。フィナステリドの間接的な副作用として、妊娠または授乳中の女性が触れるだけで体内にフィナステリドが吸収されてしまうことで、胎児や赤ちゃんが男子の場合には生殖器の成長に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があります。そのため、家族で妊娠している可能性がある人、妊婦、授乳中の人が居る場合にはプロペシアが経皮吸収されてしまうため、触れることも禁忌とされています。

 

また、思春期前の男児にも同様の症状が出ることがありますので、注意が必要です。