自毛植毛という方法もあります。

 

AGAは進行性!だからこそ自毛植毛という選択も

 

AGA治療には薬の使用や生活習慣の改善などがありますが、それらを真面目に実践しても薄毛の進行を抑えられない場合があります。しかし多くの場合で後頭部には健康な髪の毛が生えています。そこで、自分の後頭部から皮膚と一緒に髪の毛をドナーとして採取し、必要な部分に植え付ける自毛植毛が最後のAGA治療となります。

 

ドナーを採取する時や植え付ける時にメスを使う方法が一般的ですが、麻酔をするので痛みはありません。ドナーの定着率は95%で、日本皮膚科学会ではミノキシジルやフィナステリドによる治療の次に勧めています。自毛植毛が優れているのは、拒絶反応がないことです。通常、人間の体に異物が侵入すると、免疫細胞が排除しようと働きます。

 

その際、体に様々な悪影響が出ますが、自毛植毛は自分の髪の毛を使うので問題ありません。人工毛を使った植毛では、手術をして1年で多くの髪の毛が抜けてしまうので、精神的なダメージが大きいです。自毛植毛は定着してしまえば、普通の髪の毛として扱えます。シャンプーしたり引っ張ったりしても不自然に抜けることはありません。当たり前のようにヘアサイクルに応じて抜け落ち、再び新しい髪の毛が生えます。年をとれば白髪にもなるので、メンテナンスは一生必要ありません。

 

保険が適用されないのが普及を遅らせています。頭頂部など一部分に移植するだけで1000株のドナーを使い70万円ほど、フロント部分から広範囲に増やす場合は2倍ほどの費用がかかります。1度の手術で大量に移植すると、ドナーの定着率が低下します。よって何回か手術をして密度を高くするので、手術費用も増えます。

 

最近はAGA治療を専門にしたクリニックで、自毛植毛のモニターを募集することがあります。自分の症例が他の人に紹介されますが、非常に安い価格で最後まで手術してもらえるのでお得です。自毛植毛は医師によって仕上がりが変わるため、経験豊富かどうかカウンセリングで聞くと良いです。