脱毛症について

 

脱毛症の種類についての解説

 

抜け毛が増える、髪の毛が成長しない、様々な頭髪の症状が存在しますが、これらは遺伝、男性ホルモン、血行障害、ストレスなど実に多くの要素によって起こります。円形脱毛症はストレスによって起こると言われていますが、実はストレスが存在しないと言われる生まれたばかりの赤ちゃんでも発症することがあるため、原因不明の症状とされています。

 

年齢を重ねるごとに頭髪が薄くなっていくのは昔から存在することで、これを壮年性脱毛症と呼び、20代でも髪の毛が抜けていく症状を若年性脱毛症と呼びます。どちらもヘアサイクルが乱れ、抜け毛が酷くなるのですが、完治する方法がなく進行しだすと頭頂部や前頭部が禿げ上がってしまいます。最近では一般的に認知された症状で、年齢に関わらず症状が現れることから男性型脱毛症(AGA)と呼ばれます。

 

皮膚の病気として皮脂の分泌量の増加、マラセチア菌の異常増殖によってフケや痒みを生じるものは脂漏性皮膚炎と呼び、頭皮が炎症して毛根にまで波及すると毛髪の成長が維持できず、抜け毛へと進行する原因となります。

 

これらは主に男性に多い症状ですが、女性の場合は髪の毛を引っ張って結ぶことが多く、いつも同じ髪型だったり、引っ張られることで負担をかけて抜けやすい状態になるのを牽引性脱毛症と呼びます。

 

また、妊娠中から出産後には女性ホルモンのバランスが崩れやすく、一時的に脱毛が激しくなる症状に分娩後脱毛症があります。男性ホルモンの影響によって抜け毛が起こる問題は、男性だけでなく女性にも当てはまり、女性版AGAとしてびまん性脱毛症と言われ、AGAと区別するためにFAGAと呼ばれることもあります。

 

女性はヘアカラーやパーマを利用することが多く、頭皮や毛髪に異常な負担をかけ続けていることから、頭皮が乾燥しやすく毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こすことがあります。重度の炎症が起こると髪の毛の成長が妨げられて脱毛を起こすことがあるものをひこう性脱毛症と呼び、シャンプーのしすぎなども原因となります。