頭皮には常に皮脂が分泌されています。

 

頭皮の皮脂と薄毛の関係について

 

皮脂が過剰に分泌しすぎることによって、毛穴に皮脂が詰まり薄毛になってしまうと言われていますが、これには根拠はありません。
確かに、過剰な分泌した皮脂に細菌などが繁殖して脂漏性皮膚炎を引き起こして薄毛になる可能性はありませんが、これは、大量に脂を含んだフケが出たり、頭皮が赤く腫れあがったり、強烈にかゆかったりする症状が出るまで放置していた場合で、皮脂が原因で薄毛になっているケースはほとんどありません。

 

男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロンが発生するためであることは医学的に確認されています。
そして、ジヒドロテストステロンが薄毛の原因になるだけでなく、皮脂を過剰に分泌する性質も持ち合わせています。
男性型脱毛症の人に頭皮が脂っぽい人が多いのは、ジヒドロテストステロンの性質のためです。

 

しかし、頭皮の皮脂を洗い流したからといって、ジヒドロテストステロンが発生しなくなる訳ではないので薄毛の解決にはならないのです。
むしろ、神経質に頭皮の皮脂を除去しようとするあまりに、必要以上にシャンプーを繰り返すと、かえって薄毛の進行を早めてしまうことになりかねません。
なぜならば、頭皮の皮脂は髪の毛を守るための大切な役割を果たしているからで、頭皮を乾燥するのを防いで炎症などのトラブルから守ってくれています。
また、頭皮の皮脂は汗と混ざって細菌が繁殖しにくい弱酸性の環境に整えてくれています。
そして、人間は日常生活を送る中で頭部がホコリや紫外線にさらされることもあります。

 

頭皮の皮脂には、頭皮がホコリや紫外線に直接さらされることがないように保護してくれる役割もあります。
そのため、頭皮の皮脂に付着したホコリや細菌を定期的に洗い流す必要はありますが、シャンプーした後は新しい皮脂が再び分泌されてきます。
この新しい皮脂は頭皮を守ってくれますので、またホコリや細菌を付着するまでは、洗い流さないでキープしておく必要があります。