肝臓は薄毛にも関係?

 

肝臓と薄毛には何か関係があるの?

 

薄毛の改善に重要なのは血の巡りを良くして、頭皮の細い毛細血管にまで発毛に必要な栄養素を送り込み毛乳頭の組織を活性化させることです。
肝臓は、この血の巡りに大切な役目があります。

 

肝臓は、食事などで摂取した糖分などといった栄養を血を介して全身に送り込みますが、脂質の量やコレステロールの量をコントロールも同時に行っています。

 

肝臓が正しく働いていれば、血液の中のコレステロールの値は正常な範囲にキープされるため血液が流れやすい状態になります。
しかし肝臓の働きが鈍るとコントロールができなくなり、余計な脂質が血管の中に付着したり、悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を引き起こしたりします。
血の巡りが悪くなると頭皮に張り巡らされている毛細血管の血の巡りも悪くなってしまい、栄養が行き渡らず薄毛が進行します。
肝臓が薄毛対策に大切であるのは、IGF-1という細胞が活性化するための物質が分泌されるからでもあります。

 

IGF-1という細胞はインスリン様成長因子といい、肝臓から成長ホルモンの働きで排出されます。
IGF-1は、細胞を活性化させるので分裂が促され代謝が進むため、髪の毛を生み出す毛母細胞を活性化するのにも大きく影響します。

 

IGF-1を増やす効果のある大豆イソフラボンやトウガラシに含まれているカプサイシンは薄毛対策に効果があるサプリメントや育毛剤として販売されています。
しかし、IGF-1を身体の中で増やすためには肝臓が健康な状態であることが必要です。

 

お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓がアルコールを分解するのに忙しくなり、IGF-1を増やすための機能が衰えて薄毛が進行してしまいます。
お酒の飲みすぎと薄毛に直接関係が無いとしても、肝臓の機能が間接的に影響を与えていることになります。
栄養バランスの取れた食事を摂ったり、お酒を飲む量を抑えたりして肝臓を労わってあげることによって、薄毛の進行を抑えることができます。