女性の薄毛

 

妊婦・産後に女性が薄毛になりやすいのはなぜ?

 

今や抜け毛薄毛は女性にとっても深刻な悩みの一つとなりつつありますが、特に妊娠中、出産後に抜け毛が増えて困っているという女性は少なくないようです。
妊娠時や出産後に抜け毛が増える理由は、栄養素の不足とホルモンバランスの変化にあります。
豊かな髪を保つために大きな役割を果たしているのが、プロゲステロンというホルモンです。

 

このホルモンが多く分泌されていると髪は抜けにくくなり、女性より男性の方が薄毛になりやすいのは男女でこのホルモンの量の違いがあるためともされています。
実は妊娠中はプロゲステロンは多く分泌されるため、理論的には髪は抜けにくくなります。

 

ただしお腹の中の胎児の成長のためには多くの栄養素が必要であり、食事から十分に栄養を摂取していても母体は栄養不足となっていることがあり、それによって頭皮にも栄養が行きわたらなくなって抜け毛が増えてしまうということが多々あります。

 

髪はたんぱく質が主原料の細胞ですので、たんぱく質は言うまでもなく、そのほかにもビタミンやミネラルなど各種の栄養素が十分に摂取されていることが条件となり、生成されます。

 

妊娠中の抜け毛を予防するためにはたんぱく質をはじめとした各種栄養素がバランスよく摂れる食事を心がけることが第一です。
また、女性ホルモンに似た働きをするとされているイソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂ることもおすすめです。
出産後はプロゲステロンの分泌量が一気に減少し、ホルモンバランスが乱れることで抜け毛が加速します。
妊娠中は大丈夫だったという人でも、出産後は洗髪時などに驚くくらい髪が抜けてしまうということもあります。

 

ホルモンバランスが元通りになるまでには数か月がかかるためその間はどうしても運けやすくなりますが、少しでも予防、改善するためには頭皮の血流に注意しましょう。
頭皮の血流が悪いと新しい健康的な髪が成長しにくくなりますので、血流を促進することでより速い薄毛改善が期待できます。
ストレスや睡眠不足は血流悪化の大きな原因ですので、育児によるストレスをためすぎず、またなるべく睡眠時間を長くとれるような工夫をすることが大切です。