自毛植毛のメリットは、自分の髪の毛が薄くなっている部分にも確実に生えてくるとこが挙げられます。

 

自毛植毛のメリット・特徴について

 

育毛は自分の髪の毛が生えてくることは共通していますが、必ず髪の毛が生えてくるようになるかどうかは確実でない上に、男性型脱毛症が進行していくにつれ、髪の毛が生えてくるようになる確率が下がっていきます。

 

増毛は確実に髪の毛の見た目のボリュームを増やすことが出来ますが、実際に自分の髪の毛が生えてくる訳ではありません。
また、自分のまだ生えている髪の毛に人工の毛髪を括りつけるので、自分の髪の毛が抜けてしまえば括りつけられなくなってしまいますし、定期的にメンテナンス費用を支払ってメンテナンスを受けないと括りつけた部分が毛先の方にずれてきて不自然な仕上がりになってしまいます。

 

また、自毛植毛は健康保険が適用されない自由診療に当たりますので、手術費用にまとまったお金が必要になります。
手術費用は自分の髪の毛を植え込む本数によって変わってきますが、百万円から百二十万円の価格帯の手術費用になることが一番多いようです。
自毛植毛がオススメなのは、確実に自分の髪の毛を生やしたくて、百万円以上の費用が用意することが出来、手術を受けた後はメンテナンス費用などの維持費をかけたくない人ということになります。

 

このように、百万円以上の費用が用意するハードルを乗り越えれば、非常にメリットの多い薄毛対策であるということができます。
ところで、自毛植毛手術を受けて植え込んだ自分の髪の毛が男性型脱毛症の影響を受けて抜けてしまわないのかが心配になります。

 

しかし、植え込んだ髪の毛は男性型脱毛症の影響を受けない側頭部や後頭部の髪の毛を使っているため男性型脱毛症の影響を受けることがありません。
なぜかといえば、側頭部や後頭部には発毛を阻害する5αリダクターゼという酵素が分泌されないためです。
そのために安心して自毛植毛手術を受けることが出来ます。