AGAにはジヒドロテストステロンが関係しています。

 

ジヒドロテストステロンとAGAの関連について

 

そのための薄毛治療をするにあたっては、ジヒドロテストステロンへの対策が必要となります。このジヒドロテストステロンは、遺伝的に多い体質の方もおり、それが原因となってAGAが発症するという経緯があるため、薄毛は遺伝するとも言われています。

 

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一種です。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素の影響により変化することによりできます。5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう理由は、年齢と共に減少する男性ホルモンを補うため、より強力な男性ホルモンを作り出そうとするためです。男性にとり男性ホルモンは重要なものですから、5αリダクターゼは必ずしも悪者とは言えません。しかし、頭髪にとってはよくない影響があります。

 

5αリダクターゼの多さには個人差があり、ジヒドロテストステロンによる影響の受けやすさにも個人差があります。また、ジヒドロテストステロンは、喫煙や過度の射精など生活習慣によっても増えてしまいます。遺伝的な問題も大きいのですが、それだけではありません。そのため、薄毛治療においては生活習慣の改善なども必要になってきます。薄毛治療を何から始めたら分からないという方は、まずは生活習慣を改善しましょう。生活習慣の改善は重要であるため、病院での治療を受けるときでも指導されます。生活習慣の改善なら今日からでも始めることができますので、少しでも早く始めたほうが賢明です。

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるため、AGAの治療には男性ホルモンに働きかける成分が使われます。AGAの薬は通販などでも手に入りますが、性欲減退や勃起不全など、男性としての機能に関わる部分についての副作用があるため、安全に治療を行うためには病院で治療を受けたほうがよいです。