増毛や植毛の解説

 

増毛?植毛?何がどう違うんですか?

 

AGAの解消といってもさまざまな方法がありますが、ミノキシジルのような医薬品を継続的に投与するという方法以外であれば、たとえば増毛や植毛といった方法が挙げられます。増毛と植毛というのは、ことばだけを聞くとどちらも同じように思われますが、内容的にはかなり違ったものとなっています。

 

まずは増毛ですが、これはもともと生えている髪の毛に人工毛を結びつけることによって、外からの見た目として、量が増えたようにするという方法です。ウィッグのようにいちいち取り外しをする必要はありませんし、使用中に頭皮が蒸れるといったこともありませんので、使用感は抜群で、費用的にも少なくてすむというのがメリットです。その反面、自毛そのものは自然に伸びるものですので、定期的に人工毛のほうのメンテナンスをしなければ、外見が不自然になってしまうおそれがあるというわずらわしさがあります。

 

いっぽう、植毛については、頭皮に直接的に人工毛を植え込む手術をすることによって、薄毛になっている部分の見た目を改善するという方法です。これは完全に外科的な手術で、医療の守備範囲ということになりますので、専門の医師を介さざるをえず、料金的に高額となってくるのがデメリットといえます。そのかわりとして、医薬品を用いるよりも、格段に早く見た目を改善できるほか、いったん定着すれば天然の毛髪と同様の感覚で生活ができるというメリットがあります。

 

なかには人工毛では肌に合わないという人もいるため、最近では自毛植毛といって、えりあしや後頭部、側頭部などの余っている毛髪を、薄毛の部分に移植するという、特別な手術の方法も生まれてきています。この自毛植毛の場合には、自毛であるだけに、植毛後の体の拒絶反応を気にする必要がほとんどありません。また、頭皮に定着すれば自然に新陳代謝を繰り返し、もともと生えていた髪の毛と同じようにふるまうため、メンテナンス不要というところも大きなメリットといえます。